注文住宅を建てるなら耐震性も大切|松井産業で快適な住まいを作ろう

夫婦

安心かつお得になる耐震性

部屋

耐震性を重視しよう

注文住宅を建てる際には、何より耐震性を重視する必要があります。例えば、福岡では2005年に福岡西方沖地震が発生しているほか、複数の活断層が存在します。特に警固断層に対する警戒は強く、警固断層が活動すると最大震度7の揺れが引き起こると想定されています。近い将来に大地震が発生する可能性は高くないとは言われていますが、自分の命は自分で守ることが重要です。松井産業のような頼れる工務店と相談して耐震性の高い注文住宅を建てることで、自分と家族の命を守ることができます。ではどれほどの耐震性があれば、大地震に備えることができるのでしょうか。建築基準法に則った住宅であれば、震度7の地震にも耐えることはできます。しかし、全壊を免れることはできても、半壊する恐れはあります。耐震性能は3段階に分けられており、できるだけ耐震等級2か3の注文住宅を建てることが重要です。

耐震等級は2以上が理想

耐震等級1は、耐震性能を満たしていることを意味します。しかし、大地震で住宅が半壊などの損害を受ける可能性があり、耐震等級1の1.25倍の耐震性の耐震等級2、耐震等級1の1.5倍の耐震性の耐震等級3であることが理想的です。また、耐震等級2以上であれば、様々な恩恵を受けることが可能です。9つの基準を満たした住宅は、長期優良住宅に認定されます。9つの基準の1つである耐震性能は、耐震等級2以上が条件となっています。長期優良住宅に認定されることで、住宅ローン控除額が増額されます。また、不動産取得税や登録免許税、固定資産税が優遇されます。その他、フラット50を利用できるようになり、ローン金利を50年間固定されます。松井産業のような工務店と話し合い耐震等級2以上の注文住宅を建てることで、大地震に備えられるだけではなく経済的な恩恵も受けることが可能になるのです。

純和風住宅建築にも活躍

レディ

寺社仏閣の建築様式は一般の住宅とは異なるため、宮大工と呼ばれる専門職人の間で伝統的技法が伝えられています。宮大工は社寺の補修に携わる他、一般住宅の建築も請け負っています。宮大工の伝統技を活かした純和風住宅は、家へのこだわりを持つ人に高い人気を誇っています。

詳細を読む

日本建築考えます

ハウス

伝統的な日本建築は木造で近代社会では敬遠されていますが、神社等の伝統建築では依然として高い需要があります。必要とされる技術を保有している宮大工は、一般家屋であっても信頼性の高い施工をしてくれます。伝統工法に対する高い技能が、社会的に認知されています。

詳細を読む

魅力的な住まいを選ぶ

男性

一戸建ては将来資産として人に遺せる物件です。購入する際は資産価値の変動しない家を見つけましょう。千葉で子供が生まれた場合、一戸建てで生活するメリットは多様に存在しています。一戸建ては防音の利便性がとても高いのです。

詳細を読む